Tokio Log

tokioのブログです。二郎やインスパイヤ。ビジネスや本の記録。

セールスフォースSalesforce高度な数式の際の項目の変数名の調べ方

セールスフォースSalesforce高度な数式を使おうとした時に変数名が分からず困った時の解決方法です。

 

商談商品の原価に通常は原価×数量で数式を設定した。

それをとある商品名のときだけ特別な計算を適用して表示させたい。

f:id:tokiolog:20180717151849p:plain

 方針としてはIF文を使ってIF(条件式,真のときの値,偽のときの値)で文字列一致で判断しようとしていた。

上記でいうPricebookEntry.Product2.Name

なのだが、それをどうやって探すのか分からなかった。

 

セールスフォースお問い合わせに聞いてみた

f:id:tokiolog:20180717153952p:plain

この画像でいう項目の挿入というのでできるらしい!

すると選ぶものがでてきてプルダウンでどんどん選んでいく

f:id:tokiolog:20180717154120p:plain

商談商品→価格表エントリ→商品→商品名

と選ぶと

商品名が

PricebookEntry.Product2.Name

と出てきた

セールスフォースの高度な数式で使う変数名は項目の挿入を押すと選ぶことができる

UI分かりづらすぎるw最初から説明してほしい...

項目の挿入きづかなかった...

おまけセールスフォースの商品オブジェクトのテーブル構造

セールスフォースに問い合わせしてたらこの図をもらった。商品オブジェクトは通常のオブジェクトより複雑らしい。

f:id:tokiolog:20180717161145p:plain

https://developer.salesforce.com/docs/atlas.ja-jp.object_reference.meta/object_reference/sforce_api_erd_products.htm

セールスフォースのプロセスビルダーが原因のリードの変換のエラーを解決

人材紹介をセールスフォース(Sales Force)で構築しようとしてます

セールスフォース(Sales Force)のリードからの変換エラーを解決した話

 

リードから変換する時にエラー

リードから商談や取引先に変換するということをやっていた

f:id:tokiolog:20180703184839p:plain

レコードタイプが個人取引先なのも原因かと思ったが

下記のようなエラーが

f:id:tokiolog:20180703184813p:plain

商談の入力エラー: 失注時は受注・失注確定日、失注理由(〇〇のみ)、次回提案時NEXTアクション、次回提案時NEXTアクション対応納期の入力が必須です

セールスフォース(Sales Force)のカスタマーサポートに連絡

どうやら入力規則が関係してそうと回答をもらった

取引の開始の際に入力規則をスキップさせる場合は、以下の設定オプションを外して頂くことをご検討ください。

<手順>

1. [設定]>[ビルド]>[カスタマイズ]>[リード]>[リードの設定]の順にクリックをします。 2. [編集]をクリックします。

3. 「取引開始済みのリードに入力規則が必須」のチェックをはずします。

4. [保存]をクリックします。

 しかし、別のエラーが大量に出たので違うと思い再度サポートに連絡

すると

プロセスビルダーが原因とサポートから回答がきた

お知らせ頂いたエラーですが、作成頂いております「プロセスビルダー - 完了予定日の上書き」でエラーが発生している状況でございます。 また、レコードタイプに設定頂いておりますセールスプロセス:人材紹介(対求職者)にて、「失注」が先頭に設定がされている為、商談作成時に失注が選択されております。 こちらの並び順は、データベースに登録がされた値の並び順で表示がされる動作となっており、こちらの順番の変更はできないものとなっております。 そのため、作成頂いておりますプロセスビルダーの条件を入力規則に抵触しないようにご変更頂く方法などをご検討ください。 尚、商談に複数の入力規則が設定されている状況の為、一度Sandbox組織で設定変更等を操作頂いてから本番組織へ設定を反映頂くことをご検討頂ければと存じます。

どういうこと設定していたかと言うと

フェーズの設定で受注or失注が選択されると自動的に商談完了予定日を受注or失注日を参照して入力するという自動化をしていた。

それを前提として

リードから変換される時に

フェーズが何が選択されるかが問題

つまり、変換した時に自動的に失注が選択されていて

失注日が入力されてないからエラーが起きているということが原因だった。

 

じゃあ、なぜリードから変換される時にフェーズで失注が選択されてるの?

ってところが問題

それは

セールスプロセスの項目の並び順に問題があった

問題はセールスプロセスにあった

設定でセールスプロセスを検索し、選択して表示する

 

f:id:tokiolog:20180703190258p:plain

はい、ここで選択済みの値のところで

失注が一番上にきてる

セールスフォース(Sales Force)のリードの変換の仕様では、この一番上の項目が適用される。つまり変換時に失注になってしまっているのだ。これが原因だ!!!!

 

でもね、セールスフォースのカスタマーサポートからは仕様だから並び替えられないよ!!

と言われてた

お知らせ頂いたエラーですが、作成頂いております「プロセスビルダー - 完了予定日の上書き」でエラーが発生している状況でございます。 また、レコードタイプに設定頂いておりますセールスプロセス:人材紹介(対求職者)にて、「失注」が先頭に設定がされている為、商談作成時に失注が選択されております。 らの並び順は、データベースに登録がされた値の並び順で表示がされる動作となっており、こちらの順番の変更はできないものとなっております。 そのため、作成頂いておりますプロセスビルダーの条件を入力規則に抵触しないようにご変更頂く方法などをご検討ください。 尚、商談に複数の入力規則が設定されている状況の為、一度Sandbox組織で設定変更等を操作頂いてから本番組織へ設定を反映頂くことをご検討頂ければと存じます。

んだけど、よくよくいじってみたら、並び替えれる!!!ことがわかった。

オブジェクトマネージャの商談の中の項目で

フェーズを選択

f:id:tokiolog:20180703190800p:plain

はい、これよくみると失注から下はさっき上で見たセールスプロセスの並び順と同じになってます。

 

これ、変えられないのかーと思ってたら

 

よく見ると

上のボタンに並び替えってあるやんけ!!!!

で、

やってみたら、できた!!!

 

おいいいいいいいいいいいセールスフォースのカスタマーサポートおおおおおおおおお!!!

並び替えることによって

f:id:tokiolog:20180703191054p:plain

はい、並び替わりましたー

 

エラー消えましたー

解決!!!

 

セールスフォース(Sales Force)のカスタマーサポートは間違った仕様を言ってくることもある

今回の学びですね。

どこがサポートはどこが問題かは教えてくれますが、今回できないと言われたものができたのでちゃんと自分の頭で考えることが重要そうです。

実は結構ここに来るまで何回かやりとりしてるので、サポートの問題把握レベルはちょっと低いなーと感じます。

 

WordPress テーマJINでOGP画像が記事ごとに設定できなかった話

WordPress テーマJINはブロガーやアフィリエイターにとって素晴らしいテーマなのですが、どうもAll in one SEOとの相性が悪くて悪戦苦闘しています。

まぁ、もろもろ解決できれば使い心地最高になるかもだけど。

 

まず

WordPress テーマJINでOGP画像が記事ごとに設定できませんでした。

All in one SEOを皆さん使ってると思うのですが、設定のソーシャルで記事ごとのOGPを設定する。

さらに個々の記事ページでもこの画像にしたいっていうのを選択し、さらにメディアからURLで指定までしました。

 

さらには公開された記事のURLで

<meta property="og:image" content="https://

と画像のURLが設定されている

かつ

そのURLをコピペしても画像が表示されることを確認していました。

 

突然OGP画像が設定され解決

お手上げだったので運営に問い合わせて放置したのですが

1日後くらいに

突然直りました...

 

原因はなぞです。

 

同じように困っている人は時間置いてみるといいかも。

Google adwardアドワーズでの個別クリック単価の設定と仕様(リスティング)

アドワーズリスティング広告の運用メモ

これらを見ると良い

First Page Bid の見積もり

1ページ目に来るための予算

First Position Bid の見積もり

1ページ目の1位になるための予算

最初はデータたまらないと表示されない

ページ上部に表示される広告の推定入札単価

1ページ目の上位に表示されるための予算

平均掲載順位

何位に掲載されたか

だいたい3~4位までが上部

ビュースルーコンバージョン

広告は見たけど、クリックしなかったなど

下部に表示された時とか広告見られてるの?のチェックになる。ただ、コンバージョン設定してないとダメかも?

WordPressテーマのJINがAll in One SEOのdescriptionを上書きしてしまう問題

ガチのブログにJINというテーマを入れて、まじで、すごくきれいで見やすいテーマで最高だ(ちなみに有料)

運用しているブログが全部で3つあるのだが(今回はJINを3つ目のサイトに適用しようと思い買った)

すでに最高なので

他の2つのブログのテーマも変えていこうと思う。

 

今の所唯一、JINの微妙なところ(デメリット)

さて、一つだけ微妙なのが、All in One SEO との相性が悪いというか、descriptionの設定がうまく反映されないのだ。

 

JINはAll in One SEOで設定したdescriptionが上書きされてしまう

SEOのdescriptionはクソ大事なのだが、それがうまく設定されてないということが判明し、マジか...となった。

通常All in One SEOでdescriptionは設定するのだが、なぜか、JINのテーマがそれを上書きしてしまっているみたいである。

なので、しょうがなくJINのテーマにdescriptionを書いていたのだが微妙すぎるなーとか思ってたところ、まさに悩んでいたことをブログに書いてくれてた人がいたのでメモ

 

tkhb7.com

【良書メモ】メンタルが強い人がやめた13の習慣の感想レビュー

独立しているとメンタルコントロールは非常に重要。

7割くらいはうまくいかないため、そのたびに落ち込んでいると精神が持たないから。

エイミー・モーリン, 長澤 あかねのメンタルが強い人がやめた13の習慣

を読んだれ感想とかメモを自分用に残しておく

 

ダメな例

私ほどの苦労を抱えている人はいない

感謝すべきことを見つけるのに苦労する

他の人たちは私より楽な人生を送っている

自分の問題についてじっくり考えるためにレジャーや人付き合いを断ることがある

 

解決法

意義あることに参加する

とにかく親切にする

心身ともにアクティブになる

この状況を別の視点で見るとどうなる?

大切な人がこの問題を抱えていたらどうアドバイスする?

昔もっとつらいことあったろ?

今まで起こったポジティブなことを書き出す

感謝日記をつけるもしくは感謝をつぶやく

周りに何に感謝しているか尋ねる

深呼吸する

物理的に距離を置く

 

一日を他人に報告する

 

どうにもならないことで悩む習慣をやめる

過去のことを考えてしまう時は別のことを考えるというルールを作る

今後の目標を立てる、短期的、長期的なもの

つらい経験から何を学んだか考える

状況を別の視点で考えてみる

過去を許す訓練をする(必ずしも忘れることではなく、今後一切連絡を取らないなどのルールを決める

 

同じ過ちを繰り返さない

どこがいけなかったのだろう

もっと上手くやれたはずと思うところは?

次はどうすれば良いのか考える

前向きな独り言(自分ならできる、自分は目標に向かってよくやっている

常に目標を意識する

過ちを繰り返したくない理由をリストにする

そのリストを常に携帯する(いつもの悪いパターンになったら黙読する

 

恨みとは毒を飲んでおきながらその毒で敵が死ぬことを願うようなもの(ネルソンマンデラ

妬みの問題点

自分の目標に費やす時間がなくなる

持っているものに満足できなくなる

自分のスキルや才能を見落とす

人間関係が損なわれる

自慢するようになる

解決法

人と比べない(他人とはりんごとみかんくらい違いがある

自分の固定観念ではないかと疑う

自分の弱点にこだわらない、弱みではなく強みに目を向ける

人の強みを誇張しない、他人が持っているものを重要視しすぎない、どんな成功者でも悩みや問題はある

 

失敗は成功のプロセスの一部

失敗を避けている人は成功も避けてしまっている

ほとんどの才能は訓練によって育まれる

失敗を能力のせいにすると無力感に襲われる

難しい課題に取り組んでいるときはそれによって何が得られるかを考える

 

自分のコーチなろう

【メモ】10倍売る人の文章術の要約・レビュー・感想

最近、webでものを売ることに力を入れていて

web集客していくときに、ライティングの技術ってとても大切でこれからも必要とされる、代替されにくいと思ったので勉強してます。

 

アフィリエイターやwebでものを売る人におすすめといわれているジョセフ・シュガーマンが書いた

「10倍売る人の文章術」

のレビューや感想です。

 

自分用に大事なところを要約というかメモしました。

 

コピーの第1センテンスを読ませる

広告のあらゆる要素はそもそもたったひとつの目的のために存在する

むしろ言葉足らずで意味不明なくらい

 

1センテンスまでの文章

短く、大きく、短ければ短い程よい

1センテンスの目的は第2センテンスを読んでもらうこと

 

滑り台効果を意識する

 

前のパラグラフの最後に次のパラグラフ読ませるようにする

例 ここからが重要なポイントです

 

商品を売るのではなくコンセプトを売る

 

コピーの論理的な流れや必ず出そうな質問をブロック図にしておく

発するであろう質問を極力その順番通りに予測しなければいけない

 

編集の原則

リズムを重視する⇨一文の長さを変え、単調に聞こえないようにする

文をまとめる⇨接続詞をはぶき、こそあど言葉を省く

倒置法を使って結果を最初に書きインパクトを与える

 

 

1センテンスを読みたいと思わせる

小見出しは好奇心を持たせる、関係ないことでも小見出しだけでも読んでもらえるように

 

商品の説明

複雑な商品はシンプルに

シンプルな商品は複雑に

 

新規性を説明

 

技術説明で広告を強化

 

異論に先回りする

 

常套句は使わない

 

コピーの長さに強弱をつける

 

高額なサービスの場合はアフターサービスに触れる

 

宣伝文の終わりでオファーの要点をまとめる

 

終盤で注文の念押し

 

感情移入させる

それを使っている過程を説明しながら、客に想像させる

 

ネガティブな面を見せる(誠実さを見せる

 

好奇心を刺激する

Google グラスをかけて熱狂している姿だけを映し、実際のGoogleグラスで見える映像は見せない。見せすぎや語りすぎは好奇心をそいでしまう可能性がある。

 

切迫感を出す

限定供給、見切りセール、価格アップ、品不足、期間限定価格、限定版、3日以内のみ無料でもう一つ。切迫感を出すタイミングは一番最初と最後。特に最後が重要。

 

専門家らしさが信用を高める

 

希望を与える

そして、その希望に期限的な確約や保証可能のような厳密な成果を約束してしまわないこと。3ヶ月以内に効果がある!と名言してしまうと、ユーザはそれ以降課金しなくなってしまう。そうではなく、希望を持ち続けさせる。

 

ストーリーを語る
具体的な人物のストーリーを売る

 

予防策と解決策の関係性

予防策に対してはお金を出さない。解決策に対しては予防策の何倍ものお金を出す。予防策の商品でも、解決策としてのポジショニングが可能ではないか考える。

 

 

怠け者がリッチになる方法←写経する

ほとんどの人は日々の暮らしに精一杯で、お金儲けの余裕などありません。

 

私はよく働いたものです。1日18時間。休日はなし。でも、大儲けするようになったのは、働く時間を減らしてからです。それも大幅に。

 

例えばこの宣伝文を書くのに約2時間かかりました。運がよければ私は、それで5万ドルいや、10万ドル稼げるはずです。
→何を売るんだ?好奇心を煽っている

 

さらにいえば、私は元でがたった50セントのものを10ドルで買ってくださいとお願いするつもりです。しかも、なかなか抵抗できない方法で。あなたは愚かにも抵抗できずに終わるでしょう。
→50セントのものを10ドルで売るという信頼を築く。また再度好奇心を煽る。

 

どのみち、私が9.5ドルの利益を得たところで、もっと稼げる情報を知ることができれば、あなたは気にもされないでしょう。私が教える「怠け者のやり方」が儲かることは請け合いなので、世界を例に見ない保証をご提供したいと思いますが、いかがでしょう?つまりこういうことです。私は教材をお送りしてから31日間、ただいた小切手や為替を現金に換えません。その間にたっぷりと吟味し、試していただけると言うわけです。
→31日間クーリングオフ的な話で満足の確信。さらにコンセプトに対して好奇心を煽る

 

あなたの投資額の最低でも、100倍の勝ちがあると思えないときは、ご返品ください。現金化していない小切手または為替をご返却いたします。教材お届け後のご請求、代金引換という方法をとらないのは、どちらも時間とお金がもっとかかるから。ただ、それだけの理由です。私はすでにあなたの人生で最大のお買い得商品をご用意しようとしています。11年かけて身につけたノウハウを伝授しようというのです。つまり「怠け者のやり方」でいかに儲けるかというノウハウを。
→ここまでで中身を言わずに購入まで納得させている

 

ここで少し自慢話をしなければなりません。いや、そうさせてください。ご満足いただくまで私が「お預かりする」10ドル。その10ドルをご送付いただくことがどれだけ賢い選択であるかを証明するには、多少の自慢話が必要なのです。
私は10万ドル相当の家に住んでいます。それが可能なのは、10万ドルも払えないと私がオファーを蹴ったからです。ローンのの学はその半分もありません。完済していないのは、税理士が全部払うなんてばかばかしいというからに過ぎません。自宅から2.5キロほど離れた私の「オフィス」はビーチに面しています。息を飲むほど素晴らしい眺めなので、仕事に手がつかないんじゃないかと人々は言います。でも、仕事は十分にしています。1日約6時間、年に8~9ヶ月。それ以外の時間は「山小屋」で過ごします。3万ドルしました。支払いはキャッシュです。ボートが2隻にキャデラックが1台あります。いずれも支払いは済んでいます。株や債券に投資し、銀行には現金があります。しかし、何よりも大切なものはお金では買えません。それは家族と過ごす時間です。では、どうやって私がそれを実現したのか、つまり「怠け者のやり方」をこれからお伝えしましょう。まだ数名の友人にしか話してない秘密を。

 

それは「教育」を必要としません。私は高卒です。
それは「資本」を必要としません。最初の頃、私は借金で首が回らず、友人の弁護士など破産宣告するしかないとアドバイスしてくれた程です。彼は間違っていました。私は借金を返済し、住宅ローン以外は一銭も債務も負っていません。

それは「運」を必要としません。私はふつう以上の儲けを得ましたが、あなたが私と同じだけ儲けると保証するものではありません。むしろ、あなたはもっと稼がれるかもしれません。私が知るある人は、このやり方で一生懸命努力し、8年で1000万ドルを稼ぎ出しました。でも、お金が全てではありません。

それは「才能」を必要としません。何を探すべきかを知る力さえあれば十分です。それを教えようというのです。

それは「若さ」を必要としません。私がご一緒したある女性は70歳を超えています。彼女はただ私の教えに従い、必要なお金をすべて捻出しながら世界中を旅行されています。

それは「経験」を必要としません。シカゴのある寡婦の方はこの5年間、私のやり方にならって年平均2万5000ドルを稼いでいます。
→極めて広いターゲット層にアピールしたところがすごい。そして、驚くほど正直だという印象を与えている。正直というのは心理的に優れた販売ツールです。

 

それが必要とするのは何か?信じることです。チャンスをものにするだけの信頼。私がお教えする内容を吸収するだけの信頼。その原理原則を行動に移すだけの信頼。ただ、それだけでーーそれ以上でもそれ以下でもありませんーー信じられない結果が得られます。保証いたします。

仕事をやめる必要はありません。ただ、すぐに大儲けできるので、やめてもよくなるでしょう。繰り返しますが、保証いたします。

ある人が語った電卓を私は忘れもしません。

「ほとんどの人は日々の暮らしに精一杯で、お金儲けの余裕などない」

彼が正しいとわかるまでにどうか私ほどの時間はかけないでください。

いますぐクーポンを送りくだされば、ここに述べたことを証明いたします。この私を信じろとは申しません。とにかくお試しください。私が間違っていたら、あなたが失うのは数分の時間と8セントの切手代。しかし、私がもし正しければ?

「私は本広告を点検しました。ジョーカルボ氏と18年に渡る交友があり、かつ同士の会計士を務める立場から、私はすべての記述が真実であることを証します」(ご要望があれば会計士の名前も明らかにします)
→クーポンはオファーの内容をまとめたものになっている

ジョー、あなたが言っているのはでたらめかもしれないけど、私が失うものなど、たかがしれたもの。「怠け者がリッチになる方法」を申し込みます。ただし、送付後31日間は小切手や為替を換金しないでください。理由はどうであれ、その期間内にあなたの教材を返品した場合は、現金化されていない小切手や為替をご返却ください。以上を条件に10ドルを送ります。
→単なる本ではなく、教材。本一冊よりも講座を取るという印象で価値がアップしている。