グミ史をぬりかえたグミ #グミ第1弾

先程、すきやきをカセットコンロでやっていたのですが、ガスが少し漏れてプチ爆発し、右手が炎に覆われました。結果、右手の産毛がすべて燃えてつるつるになりました。tokioです。無傷です。みなさんもガス漏れには気をつけましょう。漏れたと思ったらふーふーしたりしてガスを散らしておきましょう。

 

 

 

さて、記念すべきグミ回の初回にどのグミをとりあげるかで悩みました。構想段階にあった12月頭くらいからずっと悩んでいました。結果、僕がグミ史をぬりかえたと思うくらい衝撃的だったグミ。コロロを選ぶことにしました。コロロはグミ界のニュータイプといえるでしょう。

 

さて、こちらがグミ界の風雲児ことコロロ(赤肉メロン) by UHA味覚糖です。

 

f:id:tokiolog:20170104011524j:image

 

 

 

ついにやってくれましたね、UHA味覚糖さん

 

 

 

当時、多くのメーカーが固いハード系を開発量産し攻勢をかけるなか

秘密裏に開発され、投入されたのがこちらのコロロになります。
※秘密裏かどうかは不明

 

 

開けてみましょう

  f:id:tokiolog:20170104011827j:image

 

はい、見てください。このぷにぷに感。伝わってますか?

そして、袋をあけると香る高級感あふれる夕張です。いい匂いでしょう?

 

 

しかし、これは序章に過ぎません。

 

コロロの最大の衝撃はその触感にあるのです。

 

 

はむ!(かじる)

 

 

ナょレニ⊇れまι″ゃレよ″レヽ

 

すみません、驚きのあまり、人外の言語を発してしまいました。※これを読めた方はニュータイプ

 

とにかくやばい。

まともな表現をすると

 

ノブレスオブリージュ

 

まさにそんな感じです。

 

 

 

 

イギリス貴族のお茶会に「ジャパニーズファンタスティックスウィーツ」とか言っても信じてしまうレベルですね。

実際にワインにつけこんで食べるという食べ方まであったりします。

 

 

 

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

魅力伝わりましたでしょうか?

 

 

ちょっとあんまり事細かに書きすぎても、袋とじの袋をあけて説明してしまうような気がしてここらへんにしておきます。

 

 

実際にこのグミが登場した後、食べた人たちの中にはこれはグミじゃない!!オレは認めない!!と叫ぶものが出てきたり、確かに変わってるけど、私は全然アリ!歓迎する人たちも多く賛否が分かれています。

 

 

 

読んでくれているみなさんはコロロ好きでしょうか?

 

 

 

 

 

この、コロロシリーズの台頭により、グミ界の均衡は破られ第3次グミ大戦へと発展していくのです。

 

続く